「Cats Collection ―あつめねこ―」 デザイナーズノート


 初めての外部依頼によるゲーム作成。先方からの指定は「可愛い猫のイラストのカードを集めるゲームにして欲しい」とのこと。となるとゲームのターゲット的には気楽に遊べるゲームがいい。できれば20分程度で終わらせることができるもの。ちょっと悩んでぽんぽん進むゲームがいい。

 「手札のカードを順番に出していくが、どこかでリセットをかけないと苦しくなる」というシステムは個人的にお気に入りで、旧作「ぼむ!」でも採用している。その上で、猫を集める部分にはマジック:ザ・ギャザリングの「ウィンチェスター・ドラフト」のシステムを借りた。ということで、ここまでのシステムは最初の話が来た瞬間に頭の中でできあがっていた。

 で、プロトタイプを作ってテストプレイをするうちに、色々と問題点が出てきた。

 取ったカードを裏向きに置くのが標準ルールになっているのは、表向きにするとマジョリティ系のガチ風味が増して、当初のゲームの方向と違う感じがしたことによるもの。とにかくゲームからガチ空気を取り除きたかったことによるもの。ゲームのテーマ的にゆるい空気は超大事なのですよ。


←戻る